生活創造家具>無垢材ダイニングテーブルとは

無垢材ダイニングテーブル

無垢材とは
1本の天然木から製材、加工され表面から芯部まで全て同一天然木より成る素材のことを無垢材と呼びます。
天然木は生きている
天然木は加工された後も生きており呼吸をしています。空気中の水分を吸収したり排出したりを繰り返します。空気が乾燥すれば湿気を排出し、湿度が高くなれば湿気を吸収して、調湿作用を果たし住環境を整えてくれます。
無垢テーブル
一般に無垢ダイニングテーブルなどの天板は幅の狭い天然木無垢板を何枚か幅方向に接合して1枚の幅広板に加工したもの(横剥ぎ材)が使われます。これは板を反りにくくすること、強度を高くすること、低価格にすること等のためです。椅子のフレーム部には天然木を削って形取りした無垢材が使われることが多いです。
木目による視覚的作用、毎日触れる木肌の触感的作用などを通じて癒しの空間作りの手助けになるでしょう。
天然木の木目は一つとして同じものが無い
樹種が同じであっても、基本的に一つとして同じ木目はありません。木の育った環境や丸太の製材の仕方などによって、色や木目の表情が変わります。
また、経年によって味わいある色味に変化します。自然の美しい木目は見る人の心を、おだやかにしてほっと一息つける時を与えてくれます。
天然木の樹種
ちなみに家具でよく使われる天然木の樹種にはタモ材、ナラ材、オーク材、ウォールナット材、パイン材、マホガニー材などがあります。
ダイニングテーブルの品名ではその樹種名を付けて「オーク材ダイニングテーブル」とか「ウォールナット材ダイニングテーブル」などといった呼び方がされます。
他の家具素材にはどんなものがありますか
他の家具素材としては天然木化粧繊維板、プリント紙化粧繊維板や合成樹脂化粧繊維板などがあります。
これらは表面材(化粧材)を基材に機械的に接着して1枚の板に加工したものです。このような素材も家具材として良く使われます。
この場合に使用される表面材には薄く加工した天然木、プリント紙、合成樹脂があげられます。基材が繊維板になります。
繊維板とは
繊維板とはMDF(中繊維板)のことで、繊維状にした木材に接着材を加えて熱圧成型した堅めの板材です。
繊維板を基材にした素材例
天然木化粧繊維板:天然木を薄くスライスしたもの(突き板とも呼ばれる)を繊維板に圧着加工した板材。圧着された樹種名を付けて呼ぶ場合もあります。例:マホガニー化粧繊維板。
プリント紙化粧繊維板:木目模様などを印刷したプリント紙を繊維板に圧着加工した板材。
合成樹脂化粧繊維板:木目模様などを印刷した合成樹脂シートを繊維板に圧着加工した板材。

北欧産 パイン材使用。カントリー調の素朴なデザイン。堅固な作り。家族のにぎわいの中心。

タモ材使用。美しい木目。角の丸みデザインがお子さんにとっても安心。

タモ材使用。自然を感じる素材がうれしい。いつもほっと心を和ませてくれるスペースを。

ウォールナット材使用。滑らかな感じが心地いい。家族が集うダイニングだからこそ心地よさを。

オーク材使用。オークは、ワインやウィスキーの樽材としても古くから使われてきました。

北欧風 パイン材家事デスク。家事仕事も楽しいひととき。デスク&チェアで自分の城をもつ満足感。

 

Copyright © イーチワン 生活創造家具 All Rights Reserved.