print''."\n";

生活創造家具>暑い夏を涼しく過ごすには

暑い夏を涼しく過ごすには

今年も暑い夏の季節が巡ってきました。
大相撲名古屋場所が開幕しました。名古屋特有の蒸し暑さの中での15日間の暑い(熱い)闘いは力士達にとっても特別な場所となるでしょう。今朝クマゼミの鳴き声を耳にしました。今年も暑い夏がやって来ました。そこで、蒸し暑い日本の夏を少しでも快適に過ごすためのいくつかのポイントを挙げてみました。
打ち水をする。
打ち水が地面の気化熱を奪い、その周辺温度を下げます。一瞬一陣の涼風がス-ツと起こり立つ感じがします。
つる性の植物で窓面や外壁面を覆う。
植物の葉で壁面や窓を覆うことで、日光を遮り、葉の表面からの水分気化で周辺の温度を下げます。緑色は見た目にも爽やかで涼しく感じます。
よしずで日光を遮る。
背の高いよしずで家の南面や西面を覆って日光を遮る。これがけっこう効果的。よしずで外部からの視線を遮って部屋の掃きだし窓や縁側を開放します。部屋側には、よしずの陰ができて、よしずの隙間を通過する風は外気温より多少下がります。
遮光性のあるカーテンを使用する。
もし普通のカーテンが使われているなら、最近多く売られている遮光性の高いカーテンを入手して既存のカーテンと交換する。窓から部屋内に入る熱をしっかりカットすることにより、無駄に部屋内の温度を上げないことが肝心。
家の中の風通しを良くする。
家のなかでも風の通りのいい場所があるはず。その道を見つけて、風の入口と出口をそれぞれ適度に開けて風を通す。その途中に物を置いたり、仕切ったり、塞いだりしないことです。自然の風が家の中を抜ける気持ちよさを感じとれたなら涼しさ感も増します。
い草などの素材でつくられた敷物を敷く
い草などの少々堅めで断熱性のある素材で編まれてる敷物には表面に凹凸や隙があるため、足裏や体が表面に密着がしないのでサラサラ感が得られます。また、素材の感触も手伝って涼しさや爽やかさが感じられます。
体に密着しにくい衣料を身につける
ちぢみや紗などに代表されるように生地表面に凹凸や繊維間の隙があるもので作られた衣料は体と生地との間に多く空間ができるので、間に空気が流れ易く汗を発散しやすい。肌触りがサラッとしていて涼しく、見た目にもにも涼感を感じさせます。

梅雨や夏のベタベタ感とサヨウナラ。足元はいつもサラッと快適。いつでもひんやりと心地よく過ごせます。

夏は涼しく過ごす。様々な織りの模様が楽しめるこだわりのい草ラグ。ブラウンは上品で大人な空間を演出。

肌に触れた瞬間に感じるひんやり感。程よい硬さと、するりとなめらかな肌ざわり。

ひんやり足元から広がる天然エアコン。素足から伝わる涼しさ。ひんやり感がこの上ない心地よさを。

暑い季節は汗やムレを吸い取ってベタつかずさらさらに、肌寒いときは、ふんわりと、いつでも快適。

さらさら、ふわふわ全面コットンタオル素材。全開ファスナーで布団の出し入れ簡単。布団がずれないようにヒモが付いています。

汗をかいてもサラサラ快適!きめ細かなパイルは暑い季節には汗や湿気を吸い取ってくれて、べたつかず、さらさら快適。


送料無料


2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
   は出荷休業日です。ご注文は毎日お受けしています。
   は臨時休業日。

【イーチワン】 生活創造家具